根の治療 根管治療 の 日本歯内療法学会です。

根の治療 根管治療 の 日本歯内療法学会

学術大会・セミナー一覧
  • english
  • 文字のサイズ

ホーム活動内容学術大会・セミナーの案内第7回日本歯内療法学会デンツプライ賞選考経過及び結果

第7回日本歯内療法学会デンツプライ賞選考経過及び結果


日本歯内療法学会デンツプライ賞選考委員会


 日本歯内療法学会(以下「本会」という.)のデンツプライ賞選考委員会(以下「選考委員会」という.)は,2011年5月,持ち回りで開催された.本会デンツプライ賞選考規程(以下「規程」という.)第3条に基づき,選考委員会は,本会の会長,直前会長,副会長,事務局長,副事務局長及び常任理事で構成し,委員長は会長が務めた.なお,規程第4条に従い,本会の学術委員会から選考委員会へ予め推薦された授賞候補者数は3名であった.
それらの候補者は,いずれも2010年度中に本会機関誌あるいは学術大会において
優秀な発表を行った本会会員であった.厳正なる審査の結果,
選考委員会は下記の者を受賞者候補として選出した.

 受賞者(筆頭発表者):韓 臨麟先生
          (新潟大学大学院医歯学総合研究科口腔健康科学講座う【蝕】学分野)
 演題名: 「Mineral Trioxide Aggregateの生体機能性
         ―根管象牙質への元素の移行―」
        (日本歯内療法学会雑誌第31巻第3号)

 上記の受賞者については,2011年7月30日開催の本会理事会の承認を経て,2011年7月30日に長崎全日空ホテル・グラバーホールにて開催の2011年度総会において
表彰が執り行われ,本会会長より受賞者に表彰楯,副賞および記念品が授与された.
表彰式には堺 俊哉氏(デンツプライ三金株式会社取締役開発本部長)が臨席された.
 なお,規程第7条により,次年度の学術大会(東京)で本賞の受賞者による
報告講演が行われる予定である.また,本賞は原則として開業臨床医と大学関係者とに
交互に毎年授与されるので,次年度の受賞者は開業臨床医から選出される予定である.

日本歯内療法学会国際交流委員会

ページトップへ